カテゴリ:*映画・舞台*( 5 )

『ラーメンズ DVD-BOX』

ラーメンズ DVD-BOX
ポニーキャニオン

春休みなので、送ってもらったラーメンズのDVDボックス・セットを毎日ちょこちょこ見る。楽しい~。一幕づつ見よう、と思いつつも、ついつい、いくつも続けて見てしまった。「CLASSIC」が一番お気に入りかな、どれも面白かったけれど。そのうちライブにも行ってみたい。
[PR]
by sheepish_grin | 2005-03-20 13:29 | *映画・舞台*

"Someone Like You"

Someone Like You

ここ1年半ほどろくに映画を見ていない、と言うわたしを不憫に思った友人が貸してくれたビデオの中から一本。2001年制作の恋愛コメディ。ぼんやり見られたけれど、落ちが、おいおい~と思ってしまった;。

ご飯を食べながら、何度かに分けて見た。やっぱりわたしの気分転換には、映画より小説やネット・サーフィンの方が向いているんだよね。映画は2時間まとまった時間を持つのが難しい。小説は好きなところでやめられるし、好きな作家がいるから選びやすいし。でもこの貸してくれたビデオ、残り5本はゆっくり見ようっと。

日本語版はDVDで出ている模様。
恋する遺伝子
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
[PR]
by sheepish_grin | 2005-02-20 12:43 | *映画・舞台*

"Vagina Monologues"

土曜日、リーダーシップ・トレーニングが終わった後、隣の街のキャンパスである劇、The Vagina Monologuesを見に行った。

200人以上の女性にインタビューをして、自分の女性器について語ってもらい、その結果を元にした独白劇。女性器に対する嫌悪感や、「口にしてはいけないもの」というタブーを破るべく作られたもの。

と、言ってもどんな劇かあんまり想像がつかないだろうな。わたしもこれくらいの予備知識しかなくて、どんなものか良く分かんないけれど、クラスメートたちも見に行くって行ってたし~、と軽い気持ちで見に行った。金曜日の夜に見に行ったクラスメートたちとは予定が合わなかったので、一人で見に行ったけれど、会場のチケット売り場で知り合いの日本人女性とばったり出会ったので、一緒に見る人も確保。

大学の学生センターの小さなシアターは、カップルで来ている人も多く、ほぼ満員。テーマ的に重いのかな、どのくらい過激なのかしら~(わくわく)と思って見てみたら、とても楽しかった。会場が大爆笑になる場面がたくさんあって、涙が出るほど笑った。女性が笑える下ネタ満載の劇、かな。

V-Day、と言って、Vagina, Violence, ValentineのVを掛けて、毎年バレンタイン・デーの近辺に全米で、女性に対する暴力をなくすキャンペーンの一環として公演が行われるそう。この日の収益はキャンパスの暴力防止センターに寄付されるとか。

(フェミニズム的なお芝居なのだけれど)フェミニズムの視点から、内容的に批判もされているようだけれど(確かに、良く考えるとちょっと?と言うところもあった気がする)、アメリカの観客は一般的にノリがいいし、劇場として一体感が出て、面白かった。あれだけ笑うと、帰る時には女性は自分のカラダにもっとポジティブになれるし、彼女と来ている男性は彼女のカラダを大事にしようって言う気になるんじゃないかしらん。一緒に見ていた人が、「何か、女でよかったーって気分になるねー」と言っていた。

日本でも少し前に上演されたそうだけれど、日本語だとどうなんだろう。そのまま訳すとわけがわかんなくなりそう・・・。エピソードの一つに、"cunt"(女性器に対するスラング)と言う言葉を女性の物に取り戻す(reclaim)、と言うのがあって、会場のお客さんに"cunt!"と大合唱させるのがあったのだけれど、日本だとそこまでノリノリでやってくれるかな。(ちなみに、そのエピソードの最後に、「今日は、アルファベットの、"C"、"U"、"N"、"T"と、数字の"5"を学びました」とセサミ・ストリートのネタをやっていて非常に面白かった。こういうパロディ・ネタ、好き。)

あとでクラスメートに聞いたら、台本にはもっと色々なエピソードが入っていて、毎回違うエピソードを選ぶから、キャストによってかなり感じが違うとか。去年は、ミュージカル仕立てだったそうな。また違うのも見てみたい。

ちなみに、本もある。今度読んでみよう。
The Vagina Monologues: The V-Day Edition
Eve Ensler / Villard Books
[PR]
by sheepish_grin | 2005-02-12 15:15 | *映画・舞台*

"In Good Company"

「この2年で映画、2本くらいしか見てない」と言うわたしを不憫に思った友人が、映画館に連れて行ってくれた。In Good Companyというロマンティック・コメディ。会社の合併で、スポーツ雑誌の51歳の営業部長は格下げされて、親会社から送られてきた26歳の若手ボスの下で働くことになり・・・というお話。のんびりと見れて楽しかった。たまには息抜きも必要。ポップコーン食べ過ぎたけど。

タイトルは、「いい仲間」って意味の成句だけど、「いい会社」ってもの掛けてあるのかも。
[PR]
by sheepish_grin | 2005-02-05 09:08 | *映画・舞台*

『Rahmens 0001 select』

Rahmens 0001 select
ポニーキャニオン 2002年

感謝祭休暇で木曜日から日曜日まで4日間休み。金曜日と土曜日は、前に留学していた街まで遊びに行く。取りあえず一息ついて、日本から送ってもらったラーメンズのDVDを見る。

ラーメンズ、面白い。このDVDはファン投票で選ばれたベスト版とか。前にWOWOWでやっていたのを見せてもらったので、見たことがあるエピソードもあったけれど、苦しくなるくらい笑った。「プーチンとマーチン」が好き。こうやって物理的に声を出して笑うっていうのも必要だな、と少々疲れ気味だったので思う。
[PR]
by sheepish_grin | 2004-11-24 12:28 | *映画・舞台*