カテゴリ:Dunant, Sarah( 4 )

『愚者の地』

愚者の地
サラ・デュナント 小西 敦子・訳 / 講談社、1998年

ハンナ・ウルフ・シリーズ3作目。ハンナに慣れてきて、皮肉全開なのが楽しい。今回の舞台は女性専用の高級エステ・ヘルスクラブ。美容整形も絡む。1作目は人工授精・代理母。2作目は動物愛護団体。最近話題の社会問題を絡めてみました、と言うような器用さ。でもこのシリーズの一番の魅力はハンナのイギリス的シニカルさかな。

Under My Skin (Hannah Wolfe Crime Novels)
Sarah Dunant / Scribner, 1995
[PR]
by sheepish_grin | 2005-10-30 01:20 | Dunant, Sarah

『最上の地』

最上の地―私立探偵ハンナ
サラ・デュナント 小西 敦子・訳 / 講談社、1994年

ハンナ・ウルフ・シリーズ2作目。日本では1作目よりも先に発売された。英国推理作家協会賞受賞だからかな。イギリスが舞台のミステリで、主人公のハンナもイギリス的にシニカルなので、そこが楽しい。

Fatlands: Hannah Wolfe Crime Novels
Sarah Dunant / Scribner, 1993
原題の"Fatland"って、意味は何だろう。
[PR]
by sheepish_grin | 2005-10-30 01:13 | Dunant, Sarah

『裁きの地』

裁きの地
サラ・デュナント 小西 敦子・訳 / 講談社、1996年

私立探偵ハンナ・ウルフ・シリーズの1作目。頂き物。日本語訳はこれが2番目に出た模様。同じ作者の『女性翻訳家』はかなりグロかったので、警戒して読んだけれど、こちらはそんなことがなくて一安心。サラ・デュナント、『女性翻訳家』で日ごろの鬱憤(?)を晴らしたかったのだろうか・・・。

Birth Marks: A Hannah Wolfe Crime Novel
Sarah Dunant / Scribner, 1991
[PR]
by sheepish_grin | 2005-10-30 01:05 | Dunant, Sarah

『女性翻訳家』

女性翻訳家
サラ・デュナント 小西 敦子・訳 / 講談社、1999年

これも送ってもらったもの。ヴァン・モリソンのCDがなくなるところから始まる、チェコ語翻訳を生業とする女性が主人公のミステリ。と、設定はわたしが好きそうな感じなのだけれど、グロかった・・・。グロいのは苦手だ。裏表紙の「真綿で締められるような恐怖を描くセクシュアル・サスペンス」というキャッチ・コピーが表しているように、テレビ映画のようなグロさだった・・・うみみ。

Transgressions
Sarah Dunant / Random House, 1997
[PR]
by sheepish_grin | 2005-10-29 14:05 | Dunant, Sarah