カテゴリ:宮部みゆき( 2 )

『パーフェクト・ブルー』

パーフェクト・ブルー
宮部 みゆき / 東京創元社、1989年

疲れていたり忙しかったりすると、宮部みゆきのミステリの再読か、エッセイを読む傾向にあるようだ。ついつい、気軽に楽しく読めるものに食指が動く。

と、いうことで(?)宮部みゆきの長編デビュー作の何度目かの再読。この小説の魅力は、語り手の犬のマサにつきる。それから、マサの飼い主の蓮見一家もいい。蓮見さんちは探偵事務所で、お父さんが所長、長女の加代子さんは調査員、次女の糸子ちゃんは高校生。加代子さんは、広告代理店に就職したかったけれど、父親の職業でことごとく落とされたけれど、気を取り直して優秀な探偵になった、という設定も地に足が着いていて素敵だ。
[PR]
by sheepish_grin | 2006-11-11 18:38 | 宮部みゆき

『誰か』

誰か ----Somebody
宮部 みゆき / 実業之日本社、2003年

日本のミステリ作家で一番好きなのは宮部みゆきだ。人への視線が優しいし、女性の描き方も好き。こういう安心して読める作家の存在は、はずれを読みたくない時に重要だ。『誰か』は知らないうちに出ていた現代ミステリー。アメリカにいた間に出ていたようだ。ブックオフで安売りしているのを見つけて、図書館で借りた。

巨大グループ企業の会長の娘とごく普通の恋をして結婚して7年の35歳杉村さんが主人公。前職は小さな児童書の出版社員で、今は舅の会社の社内報編集室で働いている。妻の家族との金銭感覚や生活観のギャップにめまいを起こしながらも、妻と4歳の娘の桃子ちゃんとの日常生活の幸せを守ろうと生きている。こういう人好きだなー。舅の会長に頼まれて、自転車のひき逃げ事故で亡くなった会長付運転手の人生を調べていくうちに、色々な人の人生の裏側が見えていく。

ちょっと設定がマンガっぽいけど、なかなか面白かった。
[PR]
by sheepish_grin | 2006-10-28 16:48 | 宮部みゆき