<   2004年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『シカゴ・ブルース』

シカゴ・ブルース
フレドリック・ブラウン 青田 勝・訳 / 東京創元社 1971年

東京のブック・オフで見つけた本、その2。フレドリック・ブラウン、SFは読んだことあったけど、ミステリも書くとは知らなかった。(・・・これって同じ人?)と確認しつつ購入。成田空港へ向かう電車と飛行機の中で読んだ。

おおおい、それでいいの?とちょっとラスト思ったけれど、結構面白かった。主人公のエド・ハンターくんはいい子だし。シカゴが舞台なのもいい感じ。一度しか行ったことはないけれど、表紙のイラストがとてもシカゴっぽい。これが第1作となって、エド・ハンター・シリーズがあるらしい。シリーズ5作目に、『死にいたる火星人の扉』というのがあるけど、それは本当にミステリなのか・・・。

原書はこちら。
The Fabulous Clipjoint: An Ed and Am Mystery Novel
Fredric Brown / David R Godine Pub, 1947.
[PR]
by sheepish_grin | 2004-08-31 11:30 | Brown, Fredric

『回廊亭殺人事件』

回廊亭殺人事件
東野 圭吾 / 光文社 1994年

読む物足らなくなるんじゃないか、買わないで後悔するよりもいいか、日本語の本を気軽に買えるのもこれが最後だし、とか色々言い訳を考えつつ、機内用に成田空港の書店で買った。良く考えると、色々景気良く買っちゃったなぁ。

大きくないは本屋さんで、気軽に面白く読めるもの、を探す時は、かなり躊躇する。わたしが読みたい、海外ミステリのシリーズ物の続き、とかはないから、失敗しない程度に知っていて、売れ筋の作家の本を買うことになる。東野圭吾、そこまで好きじゃないけど、失敗はしないだろう、と消極的に買う。でも、こういう時に選ばれる作家こそ強いのかもしれない。

で、結果的には、壁に投げつけたくはならなかったけど、もう一つ、かな。しかし、東野圭吾はやるせないな。
[PR]
by sheepish_grin | 2004-08-31 11:09 | 東野圭吾

『乳首のイエス様』

乳首のイエス様
ニック・ホーンビィ・編 亀井 よし子、土屋 晃 ほか・訳 / ヴィレッジブックス 2002年

東京のブック・オフで、移動用の本を探す。『ハイ・フィデリティ』を書いたニック・ホーンビィの編集したこのアンソロジー、読書系サイトで見かけて読んでみたいと思ってたんだよね。100円だと気軽に買えるからうれしい。

さくっと読めた。ニック・ホーンビィの表題作が一番印象的。イギリスで出版された時は、1冊につき1ポンド、自閉症のこどもたちの学校(ニック・ホーンビィの息子も通っているそう)に寄付されるシステムだったそう。タイトルはロン・セクスミスの曲からSpeaking with the Angel 。日本でも最初は『天使だけが聞いている12の物語』という表題で発売されたらしい。何かすごく印象が違うな。『乳首のイエス様』は表紙も女性の胸の絵だし。

Speaking With the Angel
Nick Hornby / Riverhead Books, 2000.

天使だけが聞いている12の物語
ニック・ホーンビィ 亀井 よし子ほか・訳 / ソニーマガジンズ
[PR]
by sheepish_grin | 2004-08-30 12:37 | other authors

『白夜行』

白夜行
東野 圭吾 / 集英社文庫 2002年

東京に移動する時の新幹線での読書用にもらった。東野圭吾は文章上手いんだけれど、救いがないから好みじゃないんだよね~と思いつつも、さくさく読めて移動用には向いている。でももうちょっと。
[PR]
by sheepish_grin | 2004-08-29 15:32 | 東野圭吾

『六の宮の姫君』

六の宮の姫君
山岸 凉子、福永 武彦、芥川 龍之介・作 赤木 かん子・編 / ポプラ社 2003年

赤木かん子が一つのテーマに沿って、短編を選ぶ「Little Selections - あなたのための小さな物語」シリーズ。赤木かん子さんは、うろ覚えの本を断片的な情報から探してくれる、こどもの本の探偵として有名(児童文学業界以外でどのくらい有名なのかしら?)。最近は各地の図書館の児童コーナーをリフォーム(?)して回っているらしい。

で、今回は、今昔物語の六の宮の姫君がテーマ。山岸涼子のマンガと、福沢武彦、芥川龍之介の短編、そして原作の今昔物語が載っている。おもしろい。山岸涼子のマンガ、好き。

こういうのを中学とか高校の授業でやれば、古典をやる意義も分かりやすいんじゃないかと思うんだけど。でも授業でやると良さがうすれちゃうかな?
[PR]
by sheepish_grin | 2004-08-23 12:00 | その他の作家