<   2005年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『死にいたる火星人の扉』

死にいたる火星人の扉
フレドリック・ブラウン 鷺村 達也・訳 / 東京創元社 1960年

8月に読んだ、エド・ハンター・シリーズの1作目『シカゴ・ブルース』の続編。これも送って頂いた。シリーズの5作目にあたるので、いきなりエドとアムおじさんが探偵事務所を経営しているところから始まる。題名からすると、SFちっくだけれど、中々良質なミステリだった。

しかし、どうしてエドはそんなにもてもてなんだ。1作目では生真面目で、バーで飲むのもどきどきしていて、かわいらしかったと言うのに。確認してみたら、1作目では18歳くらいだったのか(15歳くらいのイメージだった)。では、きっと5作目では20歳すぎくらい(?)の好青年(の割には手が早いけれど)、という設定なのね。ふむむ。アムおじさんはいい人だな~。理想的叔父さん。

1960年の訳なので、ルビがかっこいい。女事務員と書いてセクレタリー、叔父と書いてアンクル、とか。

Death Has Many Doors
Fredric Brown / Blackmask.com 1951
原題はDeath Has Many Doors。こっちの方がかっこいいな。火星人も関係あるんだけれど。
[PR]
by sheepish_grin | 2005-02-28 12:27 | Brown, Fredric

『六枚のとんかつ』

六枚のとんかつ
蘇部 健一 / 講談社 1998年

えーと、壁本(読後、壁に投げつけたくらい、内容に納得できない本の意、だとか)として、業界(?)では有名なミステリだそうだ。冗談で海の向こうまで送って頂いた。うむむ。本当にくだらなかった・・・(苦笑)。

↑の版は絶版の模様。
六枚のとんかつ
蘇部 健一 / 講談社
[PR]
by sheepish_grin | 2005-02-26 12:10 | その他の作家

"Someone Like You"

Someone Like You

ここ1年半ほどろくに映画を見ていない、と言うわたしを不憫に思った友人が貸してくれたビデオの中から一本。2001年制作の恋愛コメディ。ぼんやり見られたけれど、落ちが、おいおい~と思ってしまった;。

ご飯を食べながら、何度かに分けて見た。やっぱりわたしの気分転換には、映画より小説やネット・サーフィンの方が向いているんだよね。映画は2時間まとまった時間を持つのが難しい。小説は好きなところでやめられるし、好きな作家がいるから選びやすいし。でもこの貸してくれたビデオ、残り5本はゆっくり見ようっと。

日本語版はDVDで出ている模様。
恋する遺伝子
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
[PR]
by sheepish_grin | 2005-02-20 12:43 | *映画・舞台*

"Vagina Monologues"

土曜日、リーダーシップ・トレーニングが終わった後、隣の街のキャンパスである劇、The Vagina Monologuesを見に行った。

200人以上の女性にインタビューをして、自分の女性器について語ってもらい、その結果を元にした独白劇。女性器に対する嫌悪感や、「口にしてはいけないもの」というタブーを破るべく作られたもの。

と、言ってもどんな劇かあんまり想像がつかないだろうな。わたしもこれくらいの予備知識しかなくて、どんなものか良く分かんないけれど、クラスメートたちも見に行くって行ってたし~、と軽い気持ちで見に行った。金曜日の夜に見に行ったクラスメートたちとは予定が合わなかったので、一人で見に行ったけれど、会場のチケット売り場で知り合いの日本人女性とばったり出会ったので、一緒に見る人も確保。

大学の学生センターの小さなシアターは、カップルで来ている人も多く、ほぼ満員。テーマ的に重いのかな、どのくらい過激なのかしら~(わくわく)と思って見てみたら、とても楽しかった。会場が大爆笑になる場面がたくさんあって、涙が出るほど笑った。女性が笑える下ネタ満載の劇、かな。

V-Day、と言って、Vagina, Violence, ValentineのVを掛けて、毎年バレンタイン・デーの近辺に全米で、女性に対する暴力をなくすキャンペーンの一環として公演が行われるそう。この日の収益はキャンパスの暴力防止センターに寄付されるとか。

(フェミニズム的なお芝居なのだけれど)フェミニズムの視点から、内容的に批判もされているようだけれど(確かに、良く考えるとちょっと?と言うところもあった気がする)、アメリカの観客は一般的にノリがいいし、劇場として一体感が出て、面白かった。あれだけ笑うと、帰る時には女性は自分のカラダにもっとポジティブになれるし、彼女と来ている男性は彼女のカラダを大事にしようって言う気になるんじゃないかしらん。一緒に見ていた人が、「何か、女でよかったーって気分になるねー」と言っていた。

日本でも少し前に上演されたそうだけれど、日本語だとどうなんだろう。そのまま訳すとわけがわかんなくなりそう・・・。エピソードの一つに、"cunt"(女性器に対するスラング)と言う言葉を女性の物に取り戻す(reclaim)、と言うのがあって、会場のお客さんに"cunt!"と大合唱させるのがあったのだけれど、日本だとそこまでノリノリでやってくれるかな。(ちなみに、そのエピソードの最後に、「今日は、アルファベットの、"C"、"U"、"N"、"T"と、数字の"5"を学びました」とセサミ・ストリートのネタをやっていて非常に面白かった。こういうパロディ・ネタ、好き。)

あとでクラスメートに聞いたら、台本にはもっと色々なエピソードが入っていて、毎回違うエピソードを選ぶから、キャストによってかなり感じが違うとか。去年は、ミュージカル仕立てだったそうな。また違うのも見てみたい。

ちなみに、本もある。今度読んでみよう。
The Vagina Monologues: The V-Day Edition
Eve Ensler / Villard Books
[PR]
by sheepish_grin | 2005-02-12 15:15 | *映画・舞台*

Cross-Cultural Leadership Retreat for International Students

金曜の夜と土曜日は、留学生対象のリーダーシップ・トレーニングというワークショップに行った。リーダーシップは大切、と言うのは結構アメリカ的な感覚かもしれない。日本で就職活動をしたとき、アメリカ系のメーカーのグループ面接に行ったら、やたらにリーダーシップの資質を聞かれて、なんのこっちゃ、と思った覚えが。アメリカの大学のキャンパスでは、皆、「リーダーとなれ」的な雰囲気があるのと、グループ・ワークが多いので、リーダーシップ力もつけなきゃなぁ、と思って、ワークショップに申し込んだ。

申し込んだ人みんな行けるのかと思って、申し込み後何の連絡もなかったけれど、ぽてぽてと会場に行ってみたら、定員より多い申し込みがあったため、申込のアンケートに書いた内容から人数をしぼったらしい。(そうならそうと教えてよね・・・)。なので本当はわたしは行けなかったはずだったのだけれど、これなかった人の空席に、行った者勝ちで入れてくれた。

文化が交錯する環境で、効果的なパーソナル・リーダーシップを取るためには、まず自分の反応を見つめることが大切、という内容でなかなかおもしろかった。異文化対人コミュニケーションを色々考える。とりあえず、わたしはこうしたい、という気持ちを持つこと、かな。

しかし、このワークショップ、もともと参加するべく選ばれたのが、留学生の中でもかなり積極的な人たちだから上手く行くんじゃないかしら~とちょっと思ってしまった。毎日忙しすぎて、大変すぎて、リーダーシップどころじゃない人もいるものね(例えば先学期のわたし)。ふみみ。
[PR]
by sheepish_grin | 2005-02-12 14:20 | *雑記*

動くわたし。

人見知りするし、自分のことを話すのも好きではない。日本語でもそうなのだから、英語になると、わたしはとても物静か。でも、人前できちんと話せるようになりたい、という気はあって、たまに突発的に話をしなければいけないように自分を追い込む時もある。(そしてその後、一人でとても気疲れていたりする。)

で、今学期は、専門の授業をそんなに取らなくてもいいので、英語学部で「ノン・ネイティヴ・スピーカーの大学院生対象・プレゼンテーションを学ぶ」という授業を取っている。先生は教えるのが上手いし、留学生ばかりだし、成績もつかない(授業に出て課題をそれなりにこなせばOK、という形式)しで、のんびりと楽しい。ただ、クラスで2週間に一度は、各自、短いプレゼンをして、それをビデオに録画される。

前回のクラスで初めてした1~2分のプレゼンの録画を見るのが今日の課題。・・・見たくないぃ。実家にもホーム・ビデオなんてなかったし、ビデオに映った自分を見るのさえ初めて。録音された自分の声を聞くのもいやだし。しかも英語だし。3重苦だよね~と2時間くらい引き伸ばした挙句、おそるおそる見て、やっぱり落ち込む。

うーむ、わたしってこういう声でこういう顔だったかしら。もうちょっと見た目に気を使わなければ、と良く分からないところで反省する。プレゼンの不自然さとか、英語の発音とかよりも、違うところばっかり気になる・・・髪型変えようかな(違うでしょ)。
[PR]
by sheepish_grin | 2005-02-08 14:50 | *雑記*

"Hallowed Murder"

Hallowed Murder (Jane Lawless Mystery Series, 1)
Ellen Hart / New York: St. Martin's Minotaur, 1989

ミネアポリス在住の作者によるミネアポリスが舞台のミステリ、Jane Lawless シリーズの1作目。わたしが読んだことのあるミステリって、西海岸、それもカリフォルニア州が舞台のものが寡占状態なので、ミネアポリスが舞台なのが何だかうれしい。David Hundlerのホーギー・シリーズはニューヨークとか東海岸が舞台だったか。このJane Lawlessシリーズの1作目、殺されるのがミネソタ大学の学生だったり、実在の地名とか通りが出てきたり、主要登場人物たちがわたしのアパートの近所に住んでいるらしかったりするので楽しい。

しかし。話としてはどーもつまらなくて、読み通すのにかなり時間がかかった。主人公のJaneをはじめ、主要登場人物はレズビアンだったりして、設定的には面白いのに。Janeはレストランのオーナーなのに、食べ物の描写ももう一つだし。何だか登場人物がこどもっぽいのが多いような気もする。大学生がいっぱい出てくるから仕方がないのか?登場人物に感情移入できないのが一番の要因かも。

続きを読むかどうか、迷うところ・・・。この作者の作品、日本語訳は1冊も出てない模様。
[PR]
by sheepish_grin | 2005-02-07 09:37 | other authors

"In Good Company"

「この2年で映画、2本くらいしか見てない」と言うわたしを不憫に思った友人が、映画館に連れて行ってくれた。In Good Companyというロマンティック・コメディ。会社の合併で、スポーツ雑誌の51歳の営業部長は格下げされて、親会社から送られてきた26歳の若手ボスの下で働くことになり・・・というお話。のんびりと見れて楽しかった。たまには息抜きも必要。ポップコーン食べ過ぎたけど。

タイトルは、「いい仲間」って意味の成句だけど、「いい会社」ってもの掛けてあるのかも。
[PR]
by sheepish_grin | 2005-02-05 09:08 | *映画・舞台*